ぱふぱふ速報♡♡

西永彩奈、新幹線での10年前との違いに「感動してる…」 ファンも共感

人気グラビアアイドル・西永彩奈が16日、公式ツイッターを更新。“10年前との違い”を実感したことを明かした。

【ツイート】10年前との違いに「感動してる…」


■「バリバリ電波が」

岡山県出身で、10代の頃には大阪の芸能事務所に所属していた西永。

この日、JR岡山駅のホームの写真を投稿すると、「10年前、岡山から通ってるときは新大阪から岡山の間は新幹線電波なくて」と切り出し、「駅に停車したタイミングでアメブロ更新しようとしても ガラケーだったから停まってる間の数分じゃ(多分データ重くて)更新できなくて」と振り返った。

当時は岡山に到着してから更新するのが当たり前だったが、「今はもうバリバリ電波あることに感動してる…」とつづっている。


関連記事:西永彩奈、「プロポーズの日」にちなんだ純白グラビアに求婚者が続出

■今では無料Wi‐Fiも

新幹線では、かつてはトンネルに入ると電波が途切れる区間もあったが、現在では整備が進められ、JR各社の新幹線のほぼ全区間でトンネル内でも携帯電話の電波が通じるようになっている。

また、2018年ごろから車内での無料Wi‐Fiのサービスも拡充しており、10年前に比べると、かなり便利になっているようだ。


■山陽新幹線の“あるある”

西永の投稿に、ファンからも「新幹線でも楽々電波が入るようになったのですね」「いま全線Wi‐Fiバリバリやもんな」と納得する声が上がった。

中には「(兵庫県の)相生くらいからが地獄だった」と山陽新幹線の下りの電波状況の“あるある”を懐かしむ人や、「三島と熱海の間のトンネルとかで圏外になるとかもありましたね」と東海道新幹線を思い出す人も見受けられた。


■10年前との違いに「感動してる…」

・合わせて読みたい→西永彩奈、エッチな小説を朗読して照れ笑い 「めちゃめちゃ恥ずかしかった」

(文/Sirabee 編集部・けろこ)

西永彩奈、新幹線での10年前との違いに「感動してる…」 ファンも共感

(出典 news.nicovideo.jp)


最新情報をチェックしよう!